スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期積立投資にかなうもの無し

今日は政界事情にも明るい方とゆっくりお話ができ、とても興味深いお話を聞くことができました。
中国、アメリカとの関係、日本のデフレに見えがちな実質なインフレ・・・

官僚・政治家から見た経済はまた私たちと違うようです。とても勉強になりました。

どうも今の日本経済は、微妙な政権と微妙なリーダーのもと成り立っているようで、ハイパーインフレや国家破綻はいつ起きてもおかしくないようです。



 海外で預金する重要性は分かった。 でも折角なので、もっと踏み込んだ投資を行っていきたい。その方法を知りたいという方も多いでしょう。  これからの記事で、現在私が思う究極の分散投資について書いてみることにしましょう。

投資には短期、中期、長期とそれぞれにおいて活用の目的が異なります。
ここでは、時間を味方につけた長期投資をこつこつと行い、自分の数十年後を保証するということで、「自分を守る」手段について書いてみます。

今回はごく一般的なサラリーマンの方が将来的に、月50万の収入を得る方法を書いてみますが、もし月100万、200万の収入を目標にする場合は、この計算式を2倍、4倍にするようにしてみてください。

投資では何事でも"自分事"にして考えてみることが大事になりますので。

-----------------------------------------------------------------------------

Aさんは現在30歳。大手企業の一般的なサラリーマンです。

業績も安定し、普段の生活には全く困ることはありませんが、日々流れる年金問題、国策の迷走などのニュースで、老後に不安を持っています。

ここでAさんは考えました。

毎月銀行口座に積み立てている貯金をうまく活用して自分で資産形成をしたい。
このままでは、銀行においておいても金庫との違いもないくらいの金利では、
将来の目標としている資産額まで届かない。

かといってAさん、投資についてはほとんどといっていいほど知識を持っていません。

そこでAさんは長期の積立投資を始めることにしました。
毎月3万円。これを海外の有利なファンドで運用してみよう。

この程度の金額であれば、生活にも全く関係ないし。
運用期間は30年としてみました。

世の中は景気が良い時もありますが、当然悪い時もあります。
ここでは3年間の平均利回りが10%であったとして計算してみましょう。
年間36万円の投資金額です。

運用年数  Aさん年齢   投資金額     運用実績     運用益
------------------------------------------------------------
10年   40歳     360万円     631万円    271万円
20年   50歳     720万円   2,268万円  1,548万円
25年   55歳     900万円   3,895万円  2,995万円
------------------------------------------------------------
30年   60歳   1,080万円   6,514万円  5,434万円
------------------------------------------------------------

60歳になった時点のAさんは、1,080万円の投資金額で、6,514万円の資産を形成しているのです。運用益はなんと5,433万円となっています、

もしこの大切な資金を銀行でただただ寝かしていたら、
60歳のAさんはおそらく1,080万円のみを手にしていることになりますね。この差は6倍以上です。

年間600万円、月間50万円の生活費を得るために、6,000万円の資産を形成する。実はこの投資を一つ行っただけでも余裕を持って達成できることになるのです。

これはすばらしい生活保障になるのです。

もう一人Bさんがいます。Bさんは50歳です。
BさんはAさんからこの話をきき、自分も60歳からAさんと同様の生活保障を持っておきたいと考えます。
Bさんに残された時間は10年。

では10年後のBさん、つまり60歳のBさんが、6,514万円を手に入れておくためには、毎月いくら積み立てればよいのでしょうか?
運用利回りは10%で計算してみましょう。

答えは・・・・・なんと月間約310,000円なのです。
毎月31万円を投入して、初めて60歳でAさんが手にする金額と同じものを手にすることができるのです。
これは現実的に不可能だ。そういう方がほとんどではないのでしょうか?
さら言えば投資総金額は3,100万円になっています。

Aさんと、Bさんの違いはなんでしょうか?
そうなのです。
早く気が付いて、みんなが平等に持っている時間という資産を上手に活用したのです。
ただそれだけなのです。
-----------------------------------------------------------------------------

20世紀の金融工学における最大の発見は「複利」(利益がまた利益を稼いでくれること)だといわれています。
長い時間をかけて、この「複利」という機能を十分に活用することで自らの資産を大きく築き上げることができるのです。
この大いなる発見を自分の資産構築に役立てない理由はありません。

 年間10%で運用することなどできるのか?

 海外に出れば、この程度の数字での運用は当たり前なのです。私も入っている積み立てファンド。過去20年間の平均の運用利回りは16%を超えています。

PACIFICでも長期にわたって複利で増やす手法をいくつも紹介していますが、大切なのは自分の中に「時間とは自分に与えられた最良の資源である」という考え方を根付かせることだと思っています。自分なりに何からこの考え方をどこから実践してみるのか、ぜひ一度考えてみてください。
スタートは小さな一歩でかまいません。ただ、それをなるべく早く踏み出すことが大切なのです。下記のサイトでは長期積立投資の様々なシミュレーションができるようになっています。是非 自らに置き換えて数字を入れてみてください。思っているよりもずっと簡単に、自らの目標が達成できることがイメージできると思いますよ。
http://www.pacific-premium.com/

明日は長期積立投資をより具体的に幾つかのパターンにおいて考えてみましょう。まずは、退職及び将来の独立の為の長期積立投資です。


 労働収入と権利収入の違いがわかりやすく見れる動画です。
http://winwin2.net/matsushita/?md=79346d896ad68c38eff8b1d8d1d78a8a

 最近こんなコミュニティを作りました。mixiユーザーの方はぜひご参加ください。
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=4551513
承認制ですがお気軽にどうぞ!

 誰でもできる資産構築 自分の将来、自分で準備する時代です!
 http://www.pacific-premium.com/

 経営者のためのクラブ、GLOBAL PRESIDENT CLUBはこちら!!
http://www.global-president-club.com










道中、お会いできました際にはぜひ↓拍手とこちらで励ましていただけますと嬉しいです。
source by PACIFIC PREMIUM INVESTMENT MACAU



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

御挨拶

Ocean G.G

Author:Ocean G.G
                                                「億」の細道へようこそ。

「億」を得るための大きなテーマ、

 「時間」と「複利の力」を上手く操れるか。

その答えは世を知り、己を知り、お金を働かせること也。

ここは世の事象に注目し、お金を殖やすためのヒントをつらつらと書き連ねていく、「細道」の道しるべ也。



 

Twitter
こちらにて御一緒にボヤキませふ http://twitter.com/oceansmillion
諸々情報
最新の文書
月別古文書
旅路
旅友たち

FXのスワップ金利とスイングトレード!はやぶさ流外国為替証拠金取引

タックスヘイブンで資産を守ろう!

日経225オプションの必勝指南

あなたの知らない世界へご案内します(*^^)v

梅本だいすけの あしたの夢は きょうの情熱
旅友声掛け様式

この人とブロともになる

行き交ふ旅友の著作
御一緒に如何
日記をしたため始めてみようと思われる御仁へ
アフィリエイト・SEO対策
最新の交友
最新の助言
RSS情報網の表示
QR紋
QRコード
書状様式

名前:
メール:
件名:
本文:

夜明けまで何里旅した
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。