スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心はいつも太平洋ぜよ~カリスマ経営者~

 なかなか慣れません・・・(笑)  ブログの各設定・操作を習得するのに必死な3日目です。

 さて、テレビである会社が紹介されていました。その番組の冒頭に出てきた見出しに目を疑いました。

            「ノルマなし」 「冬のボーナス500万円」 「上司なし」

 どんなブッ飛んだ会社なんだ・・・率直な印象でした。テレビに向かってリモコンをかざした手もそのままに、口は半開きで目はクギヅケになりました。
 

FC2動画






ご覧になった方には詳しくご紹介する必要はないのかもしれませんが、その会社は100以上のチェーン店をもつメガネ屋さん「21」です。

 通常、販売や営業の会社には、チームとしてや社員個人に対して当たり前のように厳しいノルマがあり、その達成率によって評価をされ、社員はそれに見合う報酬を得ます。もちろん会社としてその社員に与えることができる範囲で。(天引きされるもの以外にも、いろいろな経費がかかっています。) 
 
 会社に内部留保をするため、先にその分を取っておいて、残った分を給与・賞与として社員に分配・支給するのです。これは誰もがどの会社でも常識だと思っている、一般的な仕組みでしょう。

 
 しかしこの会社は違いました。会社の内部留保は考えず、売上をすべて社員に分配していました。(もちろん最低限の運営費は必要でしょうが)それにより、冬のボーナスだけで500万円取る社員が出たりするのです。

 会社にお金を残さないのだから、社員に利益を分配するためにだけ運営されていることになります。80億円以上も売上があるのに、経常利益は5万円だった年もあったとか。普通ならこんなに危ない、見方によっては怪しい会社はありません。しかし、やはりこの会社の経営者は普通ではありませんでした。

 「自分も会社のいち社員であり、ほかの社員と同じ。」 
管理職と部下という構図もなくしているのです。皆が同じ現場で役割分担して働いています。

 各店舗はとてもきれいで、明るくゆとりあるスペースに、来客が多くても見やすく商品が並んでいました。それらの商品は徹底的に安く仕入れられ、どのブランドも全品ほぼ他店の半額程度です。
 
 そしてなんとメガネ屋さんとしては驚くことに、来客一人一人に無料でドリンクがでてくるのです!

さらに驚くことに、壊れたメガネの修理をその場でしかもタダでしてくれます。買い直しを勧められるような壊れ方をしたものでも、頼めばタダで修理してくれます。

 ノルマなし。
あるのは、なんとなくの売上予測だけという社員の環境が、真心や手間を惜しまない、心のゆとりを生むのでしょう。この安さとサービス精神に、メガネを用途別やデザイン別に2つ3つまとめ買いするお客さんもいました。良いウワサはまたお客さんを呼び、業績アップにつながりますよね。

 もちろん目に見える、売上(社員の報酬)を確保・向上する努力も行われています。これだけの規模の会社です。本社はさぞかし立派で大きな自社ビルかと思いきや、3階建ての世帯用メゾネットタイプのような建物でした。これは経費削減には一番効果があるでしょう。固定経費が高いことほど経営にキツイものはありません。商品を並べるわけでも来客があるわけでもない事務所なら、見栄さえ張らなければ最低限のものでいいのです。
さらには各店舗での商品も、原価率は70%だそうです。(ほとんど会社の取り分がないということです)

 しかし内部留保のない状態で、急な設備投資などまとまった資金が必要になったら・・・銀行に借りるのが普通でしょう。
ただこの会社は外部からの借り入れはゼロ。どうしているのでしょうか。

 社員に出資を募るのです!!これは衝撃でした。
 
 それでは社員は高給をもらっているようにみえても、結局会社に回収されてしまうということじゃないかと思うかもしれないが、そうではないのです。
 出資は決して強制ではなく、応じてくれた分には利息をつけて返す。なんと10%の利息で!(税務署の指摘により今は少し下げざるを得なくなってしまったそうですが) 
 
 社員たちは高い報酬により充分に貯蓄できているため、ほとんどの人が出資に応じます。その貯蓄ができているのは会社のおかげですし、さらにそれを高利率で運用できるなら・・・私も両手両脚を挙げて出資に応じます(笑)

 私はこの制度、経営者の器の大きさゆえのものだと捉えました。会社という定義に、社員の世帯まで含まれているのです。会社の利益は社員全員のもの、余れば分けるし、足りなければ皆で補う。内部留保が社内にあるのか皆で分散して持っているのかというだけの事です。
 出資者と労働者とがちがうと、安く働かせたい側と高い賃金で働きたい側でどうしても敵対してしまいます。ならば敵対しない・しようがないように、なんと両者を同じ人にしてしまったのです。

 しかしやはり商売である以上、業績に波は出ます。ましてや赤字がでたら・・・想像はつくと思いますが、利益だけでなく損失も皆で分け合うのです。しかしそれも、普段の貯蓄がありがたみをもってきます。これは社内で常々言われているそうで、業績と報酬が悪いときに備え、お金のご利用は計画的にということです。

 日本人は一般的にお金の勉強をする機会が少ないです。なぜかお金の話をするのは卑しいとか汚いという習慣があるため、みんな隠そうとします。だから退職金や宝くじの当選金、事業の成功などで、大きなお金を手にしてもどうしていいか分からずに、好きで贅沢するのは別にして、勧められるままに手数料の高い投資信託を買ってみたり、国内銀行の外貨預金に入れてみたり、驚くほど利率の低い国債を買ったりして、実にもったいない使い方をしてしまいます。

 その視点からみても今回の経営者は、社員たちに上手なお金の使い方を知らず知らずのうちに教えこんでいるように思えます。そしてその機会を与える勇気と余裕をお持ちでした。ちなみに当然ですが社員からは大人気です。(ご本人は嫌われ者だと、ひとりで気にされていました)

 来週も番組でこの会社の続編があるそうなので、楽しみに一週間過ごします。


 前回、自分の将来に自分で責任をもつ、自分年金の作り方について書きたいと思っていましたが前置きが長くなり、今回にと予告していましたので、ブログを書こうとPCを立ち上げたらちょうど、まさにちょうどこの番組が始まったため、急遽内容を変更してお送りしております。
 
 でも必ずしも無関係な内容ではなく、今回のような経営をできる経営者が増えれば、皆もっと本気でお金の勉強をするのだろうにな・・・ほとんどの人が毎月の収入と支出がほぼ同じ額で、余ったお金をどうしたら殖やせるか考える機会さえないだけなのにな・・・ふとそう思いましたので、ブログを経験なし・知識なし・やる気だけありで3日連続更新できたことに免じてどうかお許しを!


 もうひとつニュースがありました。世界の経済成長率、日米欧で-2.9%に下方修正されたのに対し、中国は7.2%への上方修正だそうです。世界中不況のなか、中国は独り勝ちの勢いですね。



道中、お会いできました際にはぜひ↓拍手とこちらで励ましていただけますと嬉しいです。
source by PACIFIC PREMIUM MACAU
スポンサーサイト

テーマ : めざせ経済的自由!
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

非常識

これからの時代は常識の枠を超えた会社が伸びて行くと思います。

お客様を満足させる・・これは当たり前(作業)

社員が喜ぶ会社を創る(仕事)

ノルマで喜ぶ人なんていませんからね。

ブログ頑張って続けて下さい。楽しみにしてますよ。

Re: 非常識

まさにそう思います。

今までの常識が通用しないと気づき、思い切った改革をできる勇気を持てる会社・個人がこの先いい目をみることになるのではないのでしょうか。

激励のお言葉、ありがとうございます。宜しくお願いいたします。
御挨拶

Ocean G.G

Author:Ocean G.G
                                                「億」の細道へようこそ。

「億」を得るための大きなテーマ、

 「時間」と「複利の力」を上手く操れるか。

その答えは世を知り、己を知り、お金を働かせること也。

ここは世の事象に注目し、お金を殖やすためのヒントをつらつらと書き連ねていく、「細道」の道しるべ也。



 

Twitter
こちらにて御一緒にボヤキませふ http://twitter.com/oceansmillion
諸々情報
最新の文書
月別古文書
旅路
旅友たち

FXのスワップ金利とスイングトレード!はやぶさ流外国為替証拠金取引

タックスヘイブンで資産を守ろう!

日経225オプションの必勝指南

あなたの知らない世界へご案内します(*^^)v

梅本だいすけの あしたの夢は きょうの情熱
旅友声掛け様式

この人とブロともになる

行き交ふ旅友の著作
御一緒に如何
日記をしたため始めてみようと思われる御仁へ
アフィリエイト・SEO対策
最新の交友
最新の助言
RSS情報網の表示
QR紋
QRコード
書状様式

名前:
メール:
件名:
本文:

夜明けまで何里旅した
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。